前へ
次へ

警備員はなぜ自己破産をすると仕事ができないか

会社等に雇用されている人はその会社の就業規則に違反したりすると解雇されることがあります。
それぞれの会社で異なりますが、かなりのことをしない限りには解雇されない仕組みにはなっています。
一方で資格が無いと胃できない仕事があり、弁護士や税理士などはその代表かも知れません。
こちらに関してはそれぞれ法律によっていろいろな決め事があり、ある条件に該当するとその仕事ができなくなります。
アルバイトとしてもできる警備員も警備業法によって欠格するときがあります。
自己破産をすると資格が欠格するものに警備員があり、他の国家資格に比べると少し変に感じるかもしれません。
これは警備員の仕事に何があるかを知るとわかります。
一般的な警備員と言えば交通整理や街頭整理、その他施設の警備などを想像するでしょう。
現金や貴金属などの警戒などを行う業務も警備員になります。
自己破産をしている人に他人の現金などを警戒させるのはあまりふさわしくないとの考えがあって、欠格することになったのでしょう。

Page Top