前へ
次へ

どんな場合に自己破産になるのか

借金を繰り返していて、返済をすることができなくなった場合の最終手段として自己破産という方法があります。
誰でも自己破産をすることができるわけではなく、支払い不能という状態になった場合にのみ手続きを行うことができます。
返済が困難になってきても、任意整理をすることによって、自己破産を回避することができる場合もあります。
任意整理などその方法が分からないということであれば、まずは税理士に相談をしてみると良いでしょう。
税理士で対応をすることが困難だと判断した場合には、金銭問題を専門に扱っている法律事務所を探して相談をするとよいでしょう。
お金の問題で相談をするので、初回の相談料が無料となっている法律事務所は多いです。
依頼をするのかどうか悩んでいる段階で高額の相談料を請求するような法律事務所もあるので弁護士選びは慎重に行ったほうがよいでしょう。
弁護士費用ばかりかかってしまうとお金の悩みはどんどん大きくなるだけです。

Page Top